肝心な設備はすぐに直してもらおう

機械の耐用年数

ガス給湯器の耐用年数は10年ほどです

住まいに付いているガス給湯器のメンテナンスをしたことがありますか。キッチン、洗面所、浴室やシャワーなど、日頃から毎日使用しているガス給湯器ですが、こまめにメンテナンスをしている家庭は少ないものです。故障すると生活に支障の出るほど緊急性のある対応が必要になります。修理をするにも保守パーツが無くなっていると、修理費用も時間も掛かります。通常、ガス給湯器の耐用年数は10年から15年といわれています。各メーカーによって違いますが、安全上支障なく使用できる設計標準使用期間を10年と定めている所が多いようです。住まいのガス給湯器の使用期間が7年を過ぎたあたりから、修理や交換を意識しておいた方が良いでしょう。

故障の兆候を見逃さないようにしましょう

ガス給湯器が故障してしまうのは予期せぬことと思いがちですが、故障の兆候が表れていることがあります。この兆候を見逃してしまうと急激に性能が落ちたまま無理して使い続けるので、突然壊れた印象を持つことになります。故障の兆候で分かりやすいのが湯が出ない事ですが、湯の温度が設定したものと大きくずれていてぬるかったり、温度が安定しないときは注意が必要です。湯量が少ないと温度が上がらないことがありますが、適量の水量を出しているにもかかわらず温度にムラがあるときは、しっかり着火していないことがあります。また、着火時に異音がする場合も性能が落ちている可能性があります。浴室の追い炊き機能がしっかり使えない家庭では、とくに冬場に故障することがあります。冬は気温が低いので水温を上げる労力が必要になり、過度な使用状況が故障に繋がります。修理は、摩耗した部品や基盤の交換で直ることがあります。修理業者に見積もりを出してもらうとよいでしょう。