肝心な設備はすぐに直してもらおう

お風呂に必要なもの

給湯器が故障したと思ったら確認する事

生活するうえでお湯がでる事は重要な事です。お湯が給湯器から出てこないとお風呂に入る事すらできないのです。ですから毎日の生活で、お湯が出るというのは大切な事なのです。そういった重要な給湯器ですが、電気製品のため故障が多い設備でもあるのです。故障した場合はすぐに修理や交換する事が必要になってくるのですが、業者に依頼してスタッフが訪ねた結果、給湯器が故障していなかったというケースも多いのです。ですから給湯器が故障したと思ったら、本当に故障しているのか確認する事が大切なのです。どうやって確認すれば良いのかというと、ガスのメーターが動いているか確認してみる事が大切です。ガスのメーターは一度に大量のガスを消費した場合、ガス漏れが発生したと勘違いして、遮断する事があるからです。

電源を入れなおして確認する事が大切

ガスのメーターが動くのを確認したら、次はガス栓が閉じていないか確認する事が大切です。ガス栓というのは、意外と簡単に開閉できるため、なにかの作業で閉めてしまう事もあるからです。また給湯器は電化製品で、内部に基盤をもっているのです。基盤は一度電気を通さない状態にして、10分ほど経ってから電気を入れなおす事で、正常に戻る事があるのです。ですから給湯器のコンセントを一度抜いて、再度入れなおして確認してみる事が重要です。そうする事で基盤の設定が初期化されて、正常に戻る事があるからです。また給湯器のお湯は少ない湯を出すと、水が湯にならないケースもあるのです。ですから故障か確認する場合はお湯を多めにだして確認する事が大切です。